【ZIP】中華メイクのやり方を鹿の間さんが伝授!北原帆夏さんが挑戦しました。

スポンサーリンク

2019年12月10日放送のZIP中華メイクについて紹介されました。
教えてくれたのはユーチューブ中華メイクのレッスン動画再生回数50万回以上、
中華メイクの先がけ、大人気メイク系ユーチューバー鹿の間さん(21歳)。
挑戦したのはキテルネ!リポーター北原帆夏さん(21歳)です。

中華メイクとは

ここ数年、K-POPアイドルのオルチャンメイクが大流行しましたが
来年ブームになるのではと言われているメイクが「中華メイク」になります。

2020年のトレンド予測でも取り上げられている言葉で
チャン・ツィイーさんやヤン・ミーさんのような

・きりっとした眉毛
・強い目力
・真っ赤な唇

などが特徴のクールビューティーなメイクです。

街の女性に聞いてみると

興味はあるけど難しそう

という声が多いようです。

中華メイクのやり方を鹿の間さんが伝授

下地は明るく

《中華メイクの鉄則は「白い肌」》

ファンデーションはいつも使っているものよりもワントーン明るめのものを使います。
そうすることで透明感が出てより陰影が強調されます。

キリッとまゆ毛

オルチャンメイクの優しい印象の平行まゆとは違い
中華メイクはキリッとしたまゆが特徴です。

まゆ山:高め
まゆ尻:下げる

大人っぽくてクールな印象になります。

鼻筋に影を作る

アイブロウでまゆ毛の下から鼻先まで立体感が出るように描きます。
影ができることで鼻がシュッとした印象になります。

目力を作る

目力のある強い女性が中華メイクの特徴になります。

濃くてラメ感のあるアイシャドウをまぶた全体に塗ります。

アイライナーをひいて目尻ははね上げ、切れ長の目を演出します。

さらに涙袋にもアイシャドウを入れていきます。
涙袋にアイシャドウを入れることで目力が出てよりデカ目に見せることができます。

赤い唇(リップ)

発色の良い赤リップを唇の中心に塗り、
塗る範囲を広くしすぎないことがポイントになります。

まとめ

キリッとした目元と赤い唇でセクシー度が
アップされていました。

ポイントを押さえることで簡単にできそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする