【ZIP】ホコリの取り方をホコリ掃除のプロ、松本忠男さんが伝授!

スポンサーリンク

2019年12月5日放送のZIP見落としがちなホコリのプロの撃退法が紹介されました。
教えてくれたのは日本ヘルスケアクリーニング協会代表理事松本忠男さんです。
松本さんはホコリが大敵の病院清掃を30年以上も勤めたホコリ取りのプロフェッショナルです。

図解 健康になりたければ家の掃除を変えなさい [ 松本 忠男 ]

ホコリの取り方

今年も12月、年末の大掃除の季節ですね。
プロが伝授してくれるホコリ取りのやり方を記載していきます。

ホコリ取りの基本

・窓は閉めたまま

風が入ってきてホコリが舞い上がらないように
窓は閉めた状態にしておきます。

・上から下に

通常ホコリは上から下に落ちていくので
まずは高いところのホコリから取っていきます。

ホコリ除去の手順

見落としがちなホコリ①エアコンの表面

松本さんがまず目をつけたのは
エアコン室内機の側面。

一見ホコリはなさそうに見えますが
プロが使用するLEDライトで照らすと
白いホコリが大量に付着しています。

(ちょっとした恐怖映像というくらい
ぱっと見わからないホコリが大量に付いています)

暖房を使う時期のホコリは風で
部屋の上部に上がっていき、エアコンに
付着しやすくなります。

特に白いエアコンは要注意なんだそうです。
まるで隠れ身の術のようにエアコンの白色に
ホコリが隠れています。

エアコン側面のホコリの取り方

エアコンの側面のホコリ取りに使う道具はぞうきんになります。

その時にやってはいけないのが

・いきなり水拭きをすること

になります。

表面のホコリを取るのは

・乾拭きで
・表面のホコリは力を入れて拭き取る

のがポイントになります。

見落としがちなホコリ②壁紙

壁にはホコリはないと思っていましたが
松本さんのプロが使用する特殊なライトで照らしながら
ブラシで壁をなでると、壁のホコリが大量に空気中に
舞っていくのがわかります。

壁紙の小さな凹凸にもホコリは積もっているんですね。

見落としがちなホコリ③ドアのちょうつがいと上部

ドアの開け閉めによって舞い上がったほこりは
ちょうつがいに溜まります。

普段あまり意識してドアを見ませんが、よく見ると
肉眼でもホコリが溜まっているのがわかります。

また、人の身長より高い位置にあるドアの上部にも
ホコリは溜まっていて、そのままにしておくと
ドアの開け閉めのたびにホコリが舞い散ります。

ドアのホコリの拭き方は

・上から下に拭いていく

ドアもエアコンの時と同様に

・乾拭きで

力を入れて拭いていきます。

見落としがちなホコリ④照明器具のカサ

取り外して全体的にカサを乾拭きしていきます。

床のホコリ取りのポイント

部屋の上部を掃除したホコリが床に落ちるまで

・約30分待つ

その間に、掃除機のゴミを取ります。

掃除機のゴミ取りはホコリが舞うため、
基本的に外で行います。

床のホコリ取り!完全撃退法

30分経ったら

・部屋の真ん中から

掃除機をかけていきます。

理由は掃除機から発生する風で
部屋の隅にホコリが集まるからになります。

・壁際15cmを残して先に中央をやる

と効率がいいそうです。

カーペットに掃除機をかけるスピードは

・1秒間に約20cm

カーペットの毛の間のゴミを吸い取るのに
時間をかけます。

フローリングの場合はもっと速くて大丈夫とのこと。

まとめ

なんとなく感覚でやっていた掃除ですが
ホコリ取りは乾拭きで強めに拭くとか、
掃除機は部屋の中央から行って
最後に壁際や四隅など、効率的な
掃除のやり方がわかって勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする