【ZIP】勉強アプリ!スマホ勉強法でタイムラプスと暗記シートアプリ&LINEビデオ通話を使ったやり方

スポンサーリンク

2019年12月2日放送のZIPで進化したスマホ勉強術「最新暗記法」が紹介されました。

スマホ勉強法

待ち受け画面に覚えたいワードを設定する

街の女子高生のみなさんは

・スマホの画面に覚えたいワードを入力しておいて画像で覚える

メモ帳などに入力した覚えたいワードをスクリーンショットで撮影して
ロック画面に設定する暗記法になります。

覚えられない言葉も覚えやすいそうで、
写真記憶的な感じで記憶が定着していくとのこと。

赤シートアプリ暗記術

赤シートといえば、覚えたい単語を専用のペンで
線引きして赤シートで隠して覚える昭和世代の暗記術です。

スマホでのやり方は、

1、覚えたい単語(問題集や教科書のページなど)の写真を撮ります

2、指で暗記したいワードを触ると隠れます

3、覚えたい単語を覚えた後、答え合わせで
画面の上にあるグレー(アプリによっては赤)の部分を
指で下に引っ張ってくると覚えたいワードが見えるようになります

このアプリを使うことで、暗記用の参考書を持ち歩かなくてすむという
メリットがあります。

電車やバスの中でスマホ1つで勉強ができます。

タイムラプス勉強法

タイムプラスで自分の勉強するところを撮影することで
1人で勉強していても誰かに見られている感じがして
さぼれないという心理的効果があります。

タイムラプスとは

長時間カメラで録画した通常の動画を
倍速再生する機能になります。

最近はただ自分が勉強する姿をネットにアップする
女子高生が増えています。

取材を受けていた女子高生のお話では
勉強がつらくてメンタルが落ち込む時も
自分と同じことをしている人がいる(動画で見る)だけで
やる気がでるそうです。

また、タイムラプスで自分を撮影した動画をあとで見たときに
画面に表示される時計がぐるぐる回っているのを見ると
すごく達成感が生まれたり、モチベーションが上がる
と話されていました。

タイムラプス勉強法のメリット

・スマホを使って撮影するので、その間スマホを使えない

撮影中スマホをさわれないのでサボる時間が少なくなって
勉強がはかどるようになります。

確かにスマホをさわらないことで気が散らないので
勉強に集中もできそうです。

グループビデオ通話勉強術

LINEのビデオ通話でグループを作り勉強するメリットは、
勉強中にグループビデオで携帯を使っているので
インスタを見たりゲームをしたりといった遊びの時間がなくなります。

グループビデオ通話を勉強に使ったやり方は、
わからない問題を映像を通して直接友達に見せたり
複数人で教えあうことができます。

まとめ

スマホも使い方によって
勉強に役立てることができるという
具体的なやり方がわかりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする