【世界一受けたい授業】アルツハイマーを直す&予防する改善予防法をデール・ブレデセン先生が伝授

スポンサーリンク

2019年11月30日放送の世界一受けたい授業初期のアルツハイマーの9割を改善する名医の日本人向け改善予防法が紹介されました。

教えてくれたのはアルツハイマー病の世界的権威、
カリフォルニア大学名誉教授デール・ブレデセン先生(67歳)です。

アルツハイマー病真実と終焉 “認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム [ デール・ブレデセン ]

アルツハイマー予防法

今回紹介されたのは薬で治すのではなく
生活習慣を改善することで脳へのダメージを
軽減する方法になります。

先生のお話では、
以前は初期のアルツハイマー病は
治らないとされていましたが、
現在は徐々に変わってきているそうです。

アルツハイマー病とは

脳の炎症などにより

・アミロイドベータ

というゴミが蓄積して発症するといわれています。

このアミロイドベータが健全な神経細胞を破壊すると
脳が萎縮して働きが低下します。

先生の考案した予防法はアミロイドベータの発生を
生活習慣の改善で抑える
というやり方になります。

アメリカではすでに500人以上の改善例が
ありますが、日本でも先生の治療法によって
アルツハイマー病を改善させた方がいます。

現在82歳の安田さん(仮名)は77歳の時に
アルツハイマー病を発症。

ぼーっと座っているだけの日々で
息子さんが話しかけても無反応。

ミキサーで作った食事すらうまく飲み込めず
医師からは余命2〜3ヶ月と診断されました。

絶望の日々を送っていた息子の和也さんは
ある時、デール・ブレデセン先生の本

アルツハイマー病 真実と終焉
認知症1150万人時代の革命的治療プログラム

に出会いました。

和也さんは本を熟読してその治療法を実践

現在お母さんは

・ごく短い会話なら交わせる

・2時間かかっていた食事は約40分に

和也さんはお母さんの回復ぶりに
とても感謝されているそうです。

デール・ブレデセン先生によると
安田さんの例は特別なものではなく、
日本でも治療を続けた方の9割近くが
改善傾向にあるという報告を受けているそうです。

初期のアルツハイマー改善予防法9つの軸

1、夕食から朝食の間を12時間あける(12時間の絶食)

2、毎日ウォーキングなど有酸素運動+軽めの筋トレを行う

3、1日の睡眠時間は7〜8時間とる

4、ストレスを最小限に抑える

5、脳トレーニングを行う

6、歯の治療

7、なるべく自然の食品を摂取する

8、腸内環境を整える

9、天然系の製品を使う

日本人向けの初期のアルツハイマー改善予防法

1、朝起きる時間を一定にする

1日の睡眠時間を7〜8時間とるのが理想ですが
忙しい人も朝起きる時間を一定の時間にする
脳と体の生活リズムが整い効果的です。

2、起床後はすぐにカーテンを開ける

日光浴で作られるビタミンD
アルツハイマー病を予防するという
研究結果があります。
朝に3分以上太陽を浴びると良いそうです。

3、緑茶でうがいをする

緑茶には
アミロイドベータの蓄積を予防するカテキン
豊富に含まれています。

緑茶でうがいをすることで、睡眠中に増えた
口の中の細菌を出して脳への侵入を
抑えることができます。

4、必ず日記を書く

日記を書くことでその日の出来事を
思い出そうとします。
そのため、脳の記憶する部分が活性化します。

カビを吸い込まないようにする

アルツハイマー病の患者さんの脳に
カビがいたという論文もあるそうで、
日本は湿度が高いのでカビが多い環境に
なりやすいです。

キッチン
エアコン
浴室

など掃除を徹底してカビの毒素を
吸い込まないことが大切になります。

歯磨きは両手で行う

両手で交互に歯磨きをすることで
片手で行うよりも広範囲に脳を刺激することが
できます。

食事によるアルツハイマー改善法

1、発酵食品

日本食はアルツハイマー病の改善に効果的な

みそ
しょうゆ
納豆

などの発酵食品が多く含まれています。

発酵食品で腸内環境を整えることで
栄養の吸収率を高めて脳に栄養が
届きやすくなります。

2、青魚

イワシ
サバ

などに多く含まれているDHA
脳の神経細胞を活性化させて
記憶力や注意力の低下を防ぎます。

週に2回は青魚を食べると良いそうです。

3、間食にはナッツや豆類

血糖値を急激に上げる食べ物は
脳によくありません。

間食には血糖値が上がりにくくて
記憶力がアップする

枝豆
ナッツ類

がおすすめです。

4、お酒を飲むなら赤ワイン

先生は、お酒は脳によくないためおすすめしていません。
しかし赤ワインには脳の認知機能を高めるポリフェノール
多く含まれているので、飲むなら赤ワインがいいとのことです。

デール・ブレデセン先生おすすめの!脳に良い野菜

1、大根
2、葉物野菜
3、さつまいも

さつまいもは腸内環境を整える食物繊維が豊富なだけでなく
脳に必要なブドウ糖の代謝に欠かせないビタミンB1も多く含まれています。

血糖値の上がり方もゆるやかなのでおすすめの野菜になります。

アルツハイマー予防の運動「脳トレ逆読みウオーキング」

ウオーキングをしながら単語を逆から読みます。

・ブタ→タブ

・スイカ→カイス

・みかん→んかみ

・イチジク→クジチイ

・さくらんぼ→ぼんらくさ

など、果物や動物の名前など
単語を逆から言いながら歩きます。

まとめ

生活習慣を見直すだけで
こんなに脳の機能は回復するんだということが
わかって気持ちが明るくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする