きょうの料理でおからパウダー活用レシピ6品を紹介!

スポンサーリンク

2019年7月16日放送の「きょうの料理」でおからパウダー活用レシピについて紹介されました。
おからパウダー活用レシピを教えてくれたのは料理研究家の小平泰子(こひら やすこ)先生です。

小平先生は京都在住で、国内外の食文化に触れた経験を生かしながら、素材の持ち味を生かした料理を提案している料理研究家の先生です。
京都という土地柄、日常的に豆腐やあげ、ゆば、おからなどよく使われてる食文化ですが、小平先生のお家にもおからパウダーは常備されているそうです。
おからパウダーは簡単に調理ができるそうで、その中でも特にオススメのレシピの紹介になります。

おからパウダーはイオンのTOPVALUで国産大豆100%、徳島県の工場で生産されたものが(120g)税別165円で売られていますよ。
楽天市場でもキッコーマン(120g)540円・送料無料などたくさんの種類があります。

おからパウダーは大豆をしぼったときにできるおからを乾燥させたもので、

・保全性が高い
・いつでも好きな量だけ使える

というメリットがあります。

他にも

・食物繊維が豊富
・コレステロールゼロ
・食物性のタンパク質が豊富に摂れる

という特徴もあります。

このおからパウダーを、どうやって使いこなせばいいかわからない方というも多いのではないでしょうか?

今回のきょうの料理では、おからパウダーならではのポイントを押さえながら、美味しく手軽に調理するコツを伝授してくれる内容になっています。

今すぐ試したくなるレシピばかりです!

今回はおからに水を加えて作る
「トマトのおから白あえ」
「温野菜のおからマヨネーズ」
「おからフムス」

おからパウダーを揚げたり焼いたりして香ばしく仕上げるレシピ
「いわしのおから焼き」
「おから揚げ」

スイーツで
「おからバニラアイス」

の大きく分けて2種類のおからの使い方のレシピを紹介してくださいました。

トマトのおから白和えのレシピ

トマトのおから白和えの材料:2人分

・おからパウダー…大さじ3
・水…大さじ6
・練りごま(白)…大さじ1/2
・白みそ…大さじ½
・トマト…1コ(150g)

1人分 80kcal  塩分0.3g

トマトおから白和えの作り方

1)おからパウダーに水を加えていきます。
この時に一気に水を入れてしまうと水っぽくなることがあるので、おからの様子を見ながら2〜3回に分けて少しずつ加えて混ぜていきます。季節によってもおからの状態は変わるそうなので、理想の硬さの一歩手前で水を加えるのをやめるのがいいみたいです。
ポイントは水で戻しておかららしい甘みと風味を楽しみます。
2)練りごまと白みそを加えて混ぜます。
白みそは甘みをつけるために使うそうです。
少しポロポロくらいの状態でOK。
3)トマトを1口大の乱切りにしていきます。
4)トマトを先ほど作った硬めの白和えの中に入れて混ぜます。
トマトと混ぜることで、先ほどのおからがジューシーで美味しくなるそうです。
5)器に盛り付けて完成です。
トマト以外にも、黄色や赤のミニトマトと茹でたスナップエンドウにおからの和え衣を混ぜてもいろどりがきれいでおいしい白和えになると紹介されていました。

温野菜のおからマヨネーズのレシピ

温野菜のおからマヨネーズの材料:2人分

おからマヨネーズ
・おからパウダー…大さじ3
・水…大さじ6
・レモン汁…大さじ1
・白みそ…大さじ1/2
・練りがらし…適量
・オリーブ油…大さじ1

温野菜
・ズッキーニ…1本(200g)
・なす…1コ(100g)
1cm幅の輪切りにします。
・赤ピーマン…1/2コ(50g)
縦に2cm幅に切ります。
・水…大さじ8(120ml)

1人分 140kcal  塩分0.3g

温野菜のおからマヨネーズの作り方

1)おからパウダーに水を加えていきます。
先ほどと同じように、この時に一気に水を入れてしまうと水っぽくなることがあるので、おからの様子を見ながら2〜3回に分けて少しずつ加えて混ぜていきます。
2)レモン汁を加えて混ぜます。
3)白みそを加えて混ぜます。
4)からしをお好みで適量加えて混ぜます
お子さんが食べる場合は入れなくてもいいそうです。
5)オリーブ油を加えてなめらかになるまで混ぜます。
オリーブ油は粉っぽさを和らげて食べやすくする目的で使用するそうです。
もしオリーブオイルの量を少し多めに入れてしまっても、ドレッシングのような感覚で使えるのでリカバーがききます。
6)フライパンになすとズッキーニを輪切りにしたものと赤ピーマンを並べて水を加えてフタをします。火加減は強火にします。
火加減のポイント
・フタをして強火にかけます。
・沸いたら中火にして、途中裏返します。
・フタを取って、お好みのかたさまで火を通していきます。

お皿に盛り付けて完成です。

今回は蒸し野菜ですが、焼き野菜でもおいしいそうですよ。
卵など動物性食品を使わないのでスッキリ味のマヨネーズになります。
野菜にお好みの量をのせていただきます!

おからフムスのレシピ

おからフムスの材料:2人分

・おからパウダー…大さじ3
・水…大さじ6
・練りゴマ(白)…大さじ1
・レモン汁…大さじ1
・オリーブ油…大さじ1
・にんにく(すりおろし)…1/2かけ分(約3g)
・クミンシード…小さじ1
・塩、黒こしょう(粗びき)…各少々

おからフムスの材料:2人分

・おからパウダー…大さじ3
・水…大さじ6
・練りゴマ(白)…大さじ1
・レモン汁…大さじ1
・オリーブ油…大さじ1
・にんにく(すりおろし)…1/2かけ分(約3g)
・クミンシード…小さじ1
・塩、黒こしょう(粗びき)…各少々

1人分 160kcal  塩分0.2g

おからフムスの作り方

1)おからパウダーに水を加えていきます。
先ほどと同じように、この時に一気に水を入れてしまうと水っぽくなることがあるので、おからの様子を見ながら2〜3回に分けて少しずつ加えて混ぜていきます。

2)練りごまとレモン汁、オリーブ油を加えながら混ぜていきます。
3)すりおろしたにんにくとクミンシード、塩、粗びき黒こしょうを混ぜながら加えていきます。
このにんにくやクミンがポイントで、風味豊かなディップに仕上がるそうです。
ただ、入れすぎてしまうとおからパウダーの風味が引き立たなくなるので注意!
4)最後に上からオリーブ油を適量回しかけて完成です。
パンやクラッカーに乗せてワインなどのおつまみにオススメです。

いわしのおから焼きのレシピ

いわしのおから焼きのレシピの材料:2人分

おからミックス
・粗めのおからパウダー…大さじ3
・にんにく(みじん切り)…1/2かけ分
・パセリ(みじん切り)…大さじ1
・一味とうがらし…少々
・塩…小さじ1/3
・オリーブ油…大さじ1

※おからミックスは冷蔵庫で2〜3日、冷凍庫で約1ヶ月保存できます。

・いわし(開いたもの)…6匹分
・塩…少々
いわしは塩をふって10分間置いておきます。
そのあと水けを拭きます。
・オリーブ油…少々

いわしはオリーブ油少々を塗った耐熱皿に、皮の面を上にして並べます。

いわしのおから焼きの作り方

パン粉の代わりをおからパウダーで作るレシピ

1)粗めのおからパウダーに、にんにく、パセリ、一味とうがらし、塩を加え、最後にオリーブ油を加えて混ぜていきます。
粗めのおからパウダーを使うことで、パン粉のようなサクサク感が楽しめるそうです。

2)用意しておいたいわしに、先ほど作ったおからミックスをふりかけます。
食物繊維もあって食べ応えがありそうですね。
3)200℃のオーブンで12〜15分間焼きます。
カリッと焼きあがったら、いわしのおから焼きの完成です!
あじ、さんま、豚肉などにも応用できるそうです。
食感はカリッサクッとした香ばしい食感とのことで、これはおいしそうですね。
また、保存して置いたおからミックスをフライパンで炒ってからパスタなどにトッピングしても楽しめるそうです。

おから揚げのレシピ

おから揚げの材料:6コ分

・おからパウダー…大さじ4
・水…大さじ3
・塩、黒こしょう(粗びき)…各少々
・溶き卵…1コ分
・揚げ油…適量

おから揚げの作り方

1)おからパウダーに塩、粗びき黒こしょうを入れたところに水を加えて混ぜます。
2)溶き卵を混ぜ合わせながら生地のかたさを確認します。
3)生地を手にとってきゅっとにぎった時に、手にくっつかないくらいが目安です。
4)できあがった生地を6等分にして丸めます。
5)180℃に熱した揚げ油に入れて、全体がこんがり揚がるまで転がします。
油で揚げて、豊かな香りとほくほくの食感が楽しめるお料理です。

小平先生は、中にとろけるチーズを入れたものが好きだそうです。
お酒のおつまみとしてもおいしそうですよね。

また、黒糖をかけると甘みがプラスされて、おやつ感覚でいただけるそうです。

この「おから揚げ」は揚げたあと粗熱をとって保存袋に入れて、冷凍後で2〜3週間保存できますよ。
食べるときは自然解凍したあと、オーブントースターであたためると、またおいしくいただけます。
甘くないから、おかずにもおやつにも使えるレシピです。

おからバニラアイスのレシピ

おからアイスの材料:2人分

・おからパウダー…大さじ1/2
・はちみつ…大さじ1

・バニラアイスクリーム(市販)…1コ(110ml)
・黒こしょう(粗びき)…少々

おからバニラアイスの作り方

1)おからパウダーにはちみつを加えます。
すぐになじみますが、混ざってもしばらく混ぜ続けます。
しばらく混ぜると空気を含み始めて白っぽく練乳のようになります。
2)市販のバニラアイスクリームにかけて完成です。
お好みで粗びき黒こしょうをかけてもおいしいそうです。
応用で、ホットケーキや白玉だんご、ヨーグルトなどにこのおからシロップをかけるのも合うそうですよ。
きなこのような香ばしさもあり、クリーミーさと濃厚さが美味しいと岩槻アナウンサーが食べた感想を話されていました。

まとめ

便利でおいしい!おからパウダー活用レシピのアシスタント役は
アナウンサーの岩槻里子さんで、お料理を食べた感想が的確でわかりやすかったですね。

おからパウダーは大豆らしさはあるけどクセがないので、いろんな食材や調味料に合わせやすいにという特徴がよくわかりました。

夏に手軽にタンパク質が取れる健康的なレシピばかりで、なにより簡単に作れるのがいいなと思いました。
粒子の細かいものと粗めのものの使い方など、とても勉強になった回でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする