【ヒルナンデス】突っ張り棒で収納をおしゃれ&簡単に増やせる!落ちない付け方を竹内香予子さんが伝授!

スポンサーリンク

2019年11月28日放送のヒルナンデスつっぱり棒の活用術が紹介されました。
教えてくれたのは突っ張り棒博士竹内香予子さんです。

突っ張り棒のアイデア満載!収納を簡単に増やせる方法

香予子さんは平安伸銅工業の跡取り娘

少ない収納を簡単に増やしてくれる突っ張り棒。

そんな突っ張り棒に人生を捧げた主婦の香予子さんは
ご自宅で150本以上の突っ張り棒を活用されています。

香予子さんがこんなに突っ張り棒に詳しい理由は、
突っ張り棒を作っている会社の跡取り娘だからになります。

幼い頃から突っ張り棒に囲まれて育ち、
大学卒業後に新聞社に入社。

突っ張り棒からは離れた生活をされていましたが
お父様が体調を崩し、急遽会社を継ぐことになったそうです。

32歳という若さで3代目社長になった香予子さんは
女性ならではの様々なアイデアを生み出し、落ち込んでいた
業績を入社から8年でV字回復させました。

突っ張り棒で作る棚

玄関での活用方法「置かずに浮かす」

靴箱の間に3本突っ張り棒を取り付けることで
もう1段靴を収納する棚を作ることができます。
こうすることで、靴を一段余分に収納することができます。

また、棚に突っ張り棒を1本取り付けるだけで
来客用のスリッパを壁と棒の間に挟んで収納できます。

さらに、傘などもつり下げて収納できます。

リビングでの突っ張り棒おしゃれ活用術「タテに突っ張る」&「隠さず見せる」

ホームセンターで売っている棒に

・つっぱり式のキャップ

を取り付けることで、タテの突っ張り棒として活用できます。

タテ2本の突っ張り棒は壁と壁の間に通した横の
突っ張り棒に取り付けされています。
そうすることで天井までの長い棒でなくても
横の突っ張り棒に上部を取り付けできるんですね。

タテの突っ張り棒の間に横の伸縮棒を取り付けて
観葉植物を吊るしたりされています。

本棚の間にも100均などで売っている細い突っ張り棒
高さを変えて前後少しずらして取り付けることで、
本の表紙を見せて置くことができます。

本自体をインテリアの一部として楽しむことができますね!

リビングのボックスティシュは、テーブルの
足の間に突っ張り棒を取り付けて吊り下げます。

突っ張り棒の色

突っ張り棒には白色だけではなく

・茶色
・金属調
・黒
・木目調

など探せばいろんな色があるそうです。

突っ張り棒の落ちない付け方

《突っ張り棒を取り付ける時のルール》

・つけたい幅より1~2cmほど長めに伸ばして押し込む

・押し縮めながらつけるとバネの反発力が働き上手くつっぱれる

香予子さんによると、突っ張り棒がよく落ちるというのは
日本国民の約9割りが使い方を間違えているのではないかとのこと。

棚や押入れの中でくるくる回して伸ばしていくのではなくて
先に長めに伸ばしてから入れるのがポイントになります。

突っ張り棒は正しい取り付け方をすれば落ちないんですね。

また、間に耐震ジェルなどを挟んでいる方もいますが
間に何も挟まない方がいいそうです。

洗面所など水回りの突っ張り棒活用術「デッドスペースをゼロに」

洗面台の下に配管があっても、突っ張り棒を前後に
取り付けして100均のカゴをのせると収納スペースを
作り出せます。

また、前後の高さを変えて手前の突っ張り棒を
低く取り付けることでカゴが斜めになり、中に何が
入っているのかわかり、中のものが取り出しやすくなります。

つっぱらない突っ張り棒の使い方

お風呂場のドアの左右両端にフックをつけて
突っ張り棒を置くことで、のれんのように取り付けすることが
できます。

1つのバーでは足りない時に、タオル掛けをもう1つ
追加で作ることができます。

トイレのタンクと壁の間につっぱり式の棚をつける

こうすることで床に置くものが減るので掃除しやすくなります。

つっぱり式の棚をトイレのドアの上につけることで
見えないところに収納を増やすことができます。

トイレットペーパーやお掃除シートなどを
置くスペースができますね。

冷蔵庫の中も突っ張り棒でスペースを有効活用

冷蔵室の扉のポケット20cmほどの突っ張り棒をつけて
クリップ付きのフックをかけ、チューブの調味料などを吊るすことで
何の調味料がどこにあるか一目でわかるように収納できます。

冷蔵室の中も、棚板と棚板の間の上部に突っ張り棒を2本取り付けることで
ピザなど薄い食材を置くスペースを作ることができます。

冷蔵庫内の空間活用術ですね!

台所の突っ張り棒収納術

2本の突っ張り棒とブックスタンドでできる引き出し収納

フライパン薄い鍋などを上手に収納できます。

・100均のブックスタンド3個用意
(引き出しの広さや置きたいものの数に合わせます)

・耐震ジェルをブックスタンドの底につけて引き出しに置きます

・その両端に突っ張り棒をつけます

これで完成です。

フライパンをタテに置いていくと
引き出しの中のスペースを有効活用できて
ワンアクションで取り出せる仕切りができます。

まとめ

突っ張り棒は落ちないか心配というのがありましたが
これからはいろんなところで使って、スペースを
有効活用しようと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする