【この差って何ですか】電気代が1番安くなる比較サイト&超簡単な電力会社の変更手続きが紹介

スポンサーリンク

2019年11月26日放送のこの差って何ですか?電気料金が節電しなくても安くなる電力会社の選び方が紹介されました。

教えてくれたのは電力に詳しい消費生活アドバイザー巻口守男先生です。

電力会社比較!おすすめの電力会社とは?

電力自由化と電力会社の選び方

2016年から始まった電力自由化により
現在日本では電力会社や料金メニューを私たち消費者が
自由に選ぶことができます。

・北海道電力
・東北電力
・東京電力
・北陸電力
・中部電力
・関西電力
・中国電力
・四国電力
・九州電力
・沖縄電力

これにより各地域の大手電力会社だけから
購入していた電気を、新規参入した

・Looopでんき
・LPIO(エルピオ)
・みんな電力
・ニチガスでんき
・ENEOSでんき
・Energy Direct
・GREENa
・楽天でんき

など各電力会社からも購入することが可能になりました。

電力自由化前は10社だった電力会社は
電力自由化後の今、600社以上に増えています。

しかも、電力会社によって料金プランは様々です。

電気料金プラン

・定額制
・曜日割引
・基本料金ゼロ円
・時間帯割引
・ガス+電気
・スマートプラン
・夜トク

などなど。

巻口先生によると、
それぞれみなさん電気の利用の仕方が違うので
自分の電気の使用の仕方に合った新しい電力会社のメニュー
探すことができれば、年間約3万円お得になる実例もあるとのこと。

しかし電力会社を変更している人は現在約2割だけなんだそうです。
(電力広域的運営推進機関出典2019.9.30時点)

電力会社を変更しない理由

1、手続きがめんどくさい

2、大手じゃないと不安

3、数が多くてどこを選べばいいかわからない

多くの人が電力会社の変更に不安や疑問を抱えていて
特に多い不安点は上記の3つになります。

新しい電力会社に変えてトラブルがあると自分だけ停電にならない?

電力会社のトラブル例

・電力小売業者の倒産
・発電所のトラブルなどで発電できない

ということが考えられますがこうなっても

電気が止まるということはないそうです。

電力の小売業者は電気を送っていないので、
倒産しても電線に流れる電気は送り続けられています。

また、発電所が事故などで止まってしまっても
他の発電所から不足分は補われる仕組みになっています。

仮に北海道で電気が足りなくなれば九州から送る、
東京で足りなくなれば北海道から送るなど
電力は全国規模のシステムが構築されているんですね。

どの電力会社お得なの?

それぞれ人によって電気を使うスタイルは違っていて
電気は生活パターンに依存します。

1、朝と夜によく使う

朝の食事時などに電気を使って昼間は誰も家にいない。
夜帰ってきてまた活動するという夫婦共働きのご家庭など。

このパターンの場合にお得なプランは

1日2時間無料プラン

になります。

一般的な電気代は

・基本料金+電気料金

ですが、
今回ご夫婦と赤ちゃんの3人家族のために
巻口さんが選んだプランは

・HTBエナジーの「ママトクプラン」

朝6〜8時
夜7〜9時
夜10〜12時

3種類から特に使用量が集中している時間帯を選んで
その2時間の電気代を無料にすることができます。

実際どのくらい電気料金が下がるのか、
シュミレーションサイトで計算してみると

10月、8988円だった電気代が8218円になることがわかりました。
毎月770円安くなるので、年間(12ヶ月)で9240円電気代を節約できます。

2、1日中全体的に使用量が多い

自宅で仕事をしている人、
定年退職されたご家庭など、
家にいつも誰かが必ずいる状態のお家。

このパターンで紹介されたお宅は、
お母さんが自宅でパソコンを使い通信販売の
お仕事をされているため、パソコンとエアコンを
長時間使用します。

電気料金は1ヶ月約15000円

使用量が多いご家庭は「定額制」がおすすめになります。

・四国電力
・LPIO(エルピオ)

などが定額制を行なっています。

一般的な電気料金は

・基本料金+電気を使用した「量」

によって加算されていきますが、

定額制はある程度電気を使っても料金は定額です。

シュミレーションサイトで定額制だと
いくらになるか計算してみると

15000円→13250円

1ヶ月:1750円安くなり、
12ヶ月で21000円の節約になります。

3、あまり使わない

1人暮らしの学生さん、
別荘などがこのパターンに当てはまります。

こちらで紹介されたのは1人暮らしの芸人さん宅で、
仕事から帰ってくると寝るだけなので
ほとんど電気を使っていません。

月々の電気代は4000円

このような使用量がもともと少ない人に
おすすめのプランは

基本料金0円プラン

になります。

一般的な電気代は、
基本料金+使用した電気料金になりますが
このプランだと基本料金が無料になるので
あまり電気を使わない人は割安になります。

・Looopでんき(ループでんき)
・楽天でんき

などが基本料金0円プランを用意しています。

シュミレーションサイトで
基本料金0円プランを計算してみると

4000円→3630円

毎月370円お得
370円×12ヶ月=年間4440円の節約

約1ヶ月分の電気代が年間で節約できるのは
すごいですね。

電気料金の比較が簡単にできるサイト

600以上もある電力会社の中から
自分に合った会社とプランを簡単に比較できるサイト

電力比較サイト エネチェンジ

エネチェンジでは

・電気料金
・世帯の人数
・在宅状況

を選ぶだけで自分の生活に合う
料金プランが探せます。

電力会社変更の手続き方法

電力会社に出向かなくても、検針票があれば
電力会社は簡単に変更できます。

1、変更したい電力会社のホームページにアクセスします

2、トップページに電気の「申し込み」のボタンがあるのでクリック

3、住所、氏名、電話番号、メールアドレス等の個人情報を入力していきます

4、検針票の「お客様番号」と「供給地点特定番号」を入力します

ご自宅に届く検針票に

・お客様番号
・地点番号

この2点は必ず記載されています。

ここまで入力したら手続きは完了です。

今の電力会社の解約手続きは不要

また、今の電力会社の契約解除の手続き
私たちはする必要はなく、新しい電力会社
全て請け負ってくれます

スマホやパソコンで5分もあれば変更手続きができるんですね!

電力会社変更の注意点

・2年目以降の電気料金を確認すること

一時のお客が欲しくて最初だけ安い
キャンペーンという場合もあります。

1年目→キャンペーンで安い
2年目も本当に安いかどうか

数年後も同じように安いプランか確認してから
契約することが大切です。

エネチェンジ電力比較

まとめ

電力自由化についてよくわかってなかったので
とても勉強になりました。

さっそく比較サイトでシュミレーションしてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする