【ゲンキの時間】あいうべ体操のやり方を伝授!体調不良の原因にもなる口呼吸の治し方を紹介

スポンサーリンク

2019年11月10日放送予定の健康カプセルゲンキの時間で放送のあいうべ体操について調べてみました。

口呼吸の治し方

口呼吸が体調不良の原因になる!?

ドライマウスは口呼吸が原因の1つです。

口呼吸で起こるものには

・風邪をひきやすくなる
・睡眠時無呼吸症候群のリスク
・ぜんそく(咳を口呼吸がさらに悪化させる)
・虫歯(口腔内に悪い菌が増殖しやすくなる)

などがあるそうです。

口呼吸を鼻呼吸にすることができれば、ドライマウスを改善できます。

口呼吸の改善に効果が期待できるのがあいうべ体操になります。

あいうべ体操のやり方

あいうべ体操のやり方はとても簡単で

1、「あ」 口を大きく開きます

2、「い」 口を大きく横に広げます

3、「う」 くちびるを突き出します

4、「べ」 舌を下に伸ばします

と口を動かします。

ポイントは口をそれぞれの動きで動かすことなので
声は出しても出さなくても大丈夫です。

回数は「あいうべ」をセットで3セット行います。

・1度に行うのは10セットまで
・1日30セットを目標に行ってみる

アゴの関節などに問題がある方は無理せずに
回数を減らして少しずつやってみる、
もしくはアゴに負担の少ない

「い」、「う」

だけの体操でも良いそうです。

まとめ

私もあいうべ体操を調べながらやってみたのですが
顔の口周辺の筋肉を使った感があります。
「べ」と舌を下に3回出すと首の筋まで使っている感覚がありました。

これから風邪をひきやすい季節になるので
1人の時にやってみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする