【サタプラ】ダイソー(100円ショップ)の人気の秘密!7万種類のアイテムから人気ベスト5が紹介

スポンサーリンク

2019年11月9日放送のサタプラで100円ショップダイソーヒットの理由が紹介されました。

ダイソーは1時間で1億3000万円を売り上げる100円ショップの最大手になります。
売り上げは創業以来42年間トップで

1位:ダイソー 4757億円
2位:セリア 1704億円
(2018年度売上)

日本国内だけで3367店舗
海外でも27の国と地域に2175店舗
(2019年3月末時点)

さらに現在年間150店舗以上新規出店されています。

そんなダイソーの魅力といえば商品の豊富さになります。
アロマグッズからペット服、ヨガマットまで、商品数はおよそ7万種類という豊富さです。

100円ショップダイソーの大ヒット商品

・電池チェンジャー 100円(税抜)

電池チェンジャーは

単3電池にかぶせると単2電池

ひとまわり大きい方をかぶせると

単3電池を単1電池

として使うことができるアイテムです。

世界一の売り上げアルカキット錦糸町店

東京都墨田区にあるダイソーアルカキット錦糸町店
売り場面積が約1000坪。
売り上げが世界一の店舗になります。

・ペーパー加湿器 100円

ペーパー加湿器は電気を使わない気化式の加湿器で
水を入れたコップに入れるだけで紙が水を吸い上げて加湿ができる商品です。

・日本製ダイヤモンドクリーナー 100円

お風呂場の鏡の頑固な水垢汚れも、このアイテムを使うとピカピカに
することができます。

ダイソー商品7万種類ベスト5

第5位 イージーシーラー 100円

海外でも人気で、発売以来通算400万個以上販売されている商品になります。

イージーシーラーの使い方は、ポテトチップスなどお菓子の袋を開けて
残った分を保存するときに袋の開け口を熱で密封してくれるアイテムになります。

第4位 ほいっぷるん 100円

ほいっぷるんは石けんや洗顔クリームを泡立てるアイテムで
美容に気を使う女性に大人気で、全国のダイソーで1日2000個以上売れています。

通常の洗顔ネットで泡立てるよりもきめこまやかな泡を作ることができます。

第3位 落ち落ちVキング メラミンスポンジ ミニキューブ 30個入 100円

このスポンジは水に濡らすだけで洗剤いらずで頑固な流し台などの汚れを
落とすことができます。

第2位 ウェットティッシュ 100円

従来のウェットティッシュに比べておよそ2倍の厚さがあります。
25枚入って100円という安さで、日本一売れているのはこのダイソーの
ウェットティッシュなんだそうです。

第1位 ネクタイ 100円

ダイソーのネクタイは年間100万本以上売れている超人気商品になります。
30秒に1本売れているってすごいですね。

説明してくださっていた大創産業広報課の大佐古健吾さんもつけていらっしゃいましたが、
とてもよくできていて品があり、全く100円には見えませんでした。

ダイソーで人気ダントツ1位の食品とは?

ダイソーには

・飴(あめ)
・カップ麺
・おつまみ

などなど000種類以上の食品が取り揃えられています。

その中でダントツ1位の人気なのがおやつの

・むき甘栗 100円

になります。

年間でおよそ1100万個以上売れるそうです。

人気の理由はその「量」で、

・他社のむき甘栗 約80g 100円
・ダイソーのむき甘栗 約120g 100円

なんと約1.5倍の量が入っています。

味も有機栽培された栗を100%使用していて素材本来の味が
そのまま生かされているそうです。

シンガポールのダイソーでカイロが人気の理由

シンガポールは赤道直下の国でどの月も平均気温が25度以上、
冬のない国になります。

なのでシンガポールから仕事や旅行で海外へ行くと
とても寒く感じるそうです。

それでカイロが売れるんですね。

ちなみにシンガポールでは100円ショップではなく

2シンガポールドルショップ(=約160円)なんだそうです。

またアメリカのダイソーで人気の商品は

・乗り物や食べ物などのおもちゃ消しゴム

ブラジルのダイソーで人気なのは

・お弁当箱

ブラジルではタッパーを使っている人が大半だそうですが
若者を中心に見た目にもこだわったお弁当文化が浸透しているそうです。

ドバイのダイソーで人気なのは

・布団圧縮袋

ドバイの夏は湿度が100%になる日もあるので、布団圧縮袋が人気なんだそうです。

世界中で大人気のダイソー商品ですが、ダイソーのポリシーは

・決められた100円という価格の中で、最高の品質を追求すること

と話されていました。

まとめ

最近の100円ショップは価格はお手頃なのに高品質な商品が
多いと感じていましたが、ダイソーさんとメーカーさんの努力によって
できていたんですね。

ダイソーのお買い物を新たな目線で楽しめそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする