【ホンマでっかTV】歯の新常識!4分の光照射で出来る最新ホワイトニング&舌の力を鍛えるトレーニング方法が紹介

スポンサーリンク

2019年11月6日放送のホンマでっかTVで歯の新常識について紹介されました。

植木理恵先生(心理評論家)
倉治ななえ先生(歯科評論家)
宮本日出先生(口腔外科評論家)
くわずる隼人先生(審美歯科評論家)
雨宮正一欣先生(科学鑑定評論家)
尾木直樹先生(教育評論家)
澤口俊之先生(脳科学評論家)

歯の新常識SP

4分の光照射で出来る最新ホワイトニング

くわずる先生によると

・クリーニングと合わせて30分
・1度の通院

で歯が真っ白になるそうです。

やり方は

・歯茎をカバーして歯に薬剤を塗布
・歯を4ブロックに分けて半導体レーザーを2分間照射
・活性酸素が発生して着色物質を分解

上記を2分間×2サイクル4分間光照射

メリットは時間が短いことと、通常のホワイトニングは
ハロゲンやキセロンという強い光を使うそうですが、このホワイトニングは
半導体レーザーを使うので中まで浸透して歯が発熱せず痛みも出ないんだそうです。

クリニックでホワイトニングした後は
ホームホワイトニングで歯に薬剤を塗ってマウスピースを約1時間歯にはめて
メンテナンスすると効果が長続きするそうです。

子どもの口腔崩壊とは

尾木先生によると、今学校の先生の間で話題になっているのは
口腔崩壊」というもので

・子どもの虫歯が10本以上ある
・未処置の歯が何本もある

上記の状態の歯の子どもが1人でもいる学校は

小学校39.7%
中学校32.7%
高校50.3%

口腔崩壊の背景には母子家庭などが増加して時間や
生活に余裕がない家庭が増えているんだそうです。

歯の型取りは最新スキャナーで出来る

くわずる先生によると、口腔内スキャナーで歯の3Dデータを作成し
上下のデータをサンドすることで噛み合わせの3Dデータも作れるそうです。
マウスピース矯正のデータにもなるとのことで、もう型をとってというのを
やらなくてもいいんですね。

このSTNデータをもとに歯科技工士が歯の詰め物を作製するんだそうです。
歯科技工士がいるクリニックであれば、午前に型取りして午後にはできあがっているとのこと。

男性より女性の方が歯周病になりやすい

倉治先生によると、歯周病菌は女性ホルモンを栄養源とするので
女性の方が歯周病が進みやすいそうです。

特に妊娠中などは女性ホルモンが20〜200倍に増加するため
歯周病菌が増えやすくなります。

18〜20歳のキスが歯周病の重度を決める

宮本先生によると歯周病菌には悪性度があり
悪性度が低い病原菌がレベル1だとすると
悪性度が高い病原菌は44倍以上の悪性度になります。

18〜20歳のキスで歯周病の重度が決まる理由は
口の中の菌は他人の唾液からうつります。

悪性の歯周病菌が定着しやすいのが18〜20歳頃なんだそうです。
なのでこの時期に多くの人とキスをすると重度の歯周病菌が
定着する可能性が高まるそうです。

20歳くらいで口の中の菌の構成が終わるので、それ以降は
あまり影響がないそうです。

誤嚥性肺炎の原因は舌の力の低下

倉治先生によると、今日本人に増えている誤嚥性肺炎の原因は舌の力の低下によるそうです。

舌の力が衰えてくると食べ物を食道と気管に振り分けている弁が機能しなくなるので
食べ物や唾液が気管に入っていってしまい、肺に入った食べ物が感染症を引き起こします。

舌の力の測定方法

「タ」と「カ」を言える回数が5秒間に30回未満

の場合は舌の力が弱いそうです。

舌の力を鍛えるトレーニング方法

・舌を上アゴにつけたまま(吸引しながら)思い切り縦に口を開けます

アゴ周辺が疲れるのは舌の力が鍛えられている証拠になります。

まとめ

歯科技術はどんどん進歩しているんだなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする